株式会社 生科研

美味しい作物づくりの追求。

会社概要

本社 正面
写真:熊本本社正面
名称 株式会社 生科研
所在地 本社所在地
〒861-2401 熊本県阿蘇郡西原村鳥子312-4[鳥子工業団地]【地図
関東営業所所在地
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町2-5[NBF浦和ビル6F]【地図
事業内容 土壌用肥料等の製造・販売
土壌・作物分析、土壌改良剤・ミネラル剤・作物栄養剤の研究開発、製造、販売
設立 1967年(昭和42年)7月31日

沿革

1967年
熊本市蓮台寺町に株式会社生科研を設立
土壌分析を開始する
1972年
エーザイ株式会社と取引および共同研究開始
土壌液肥「キッポ」発売
1973年
葉面散布肥料「メリット」発売
1975年
ブドウに対する「メリット」の萌芽促進技術が確立する
1978年
イチゴのポット育苗を開発し、農林水産省の連絡試験を実施
1982年
土壌団粒促進剤「キッポPX」発売
1986年
アミノ酸肥料「ジャンプシリーズ」発売
1988年
総合微量要素肥料「ミネラルパワー」発売
1989年
熊本市より現在地(阿蘇郡西原村)に移転
1990年
社名をエーザイ生科研株式会社と変更し、東京都文京区本郷に本社を設置
1991年
創業者の中嶋常允が科学技術庁長官賞を受賞
総合微量要素剤「ミネラックス」発売
1992年
根の活力剤「チャンス液」発売
1993年
自動倉庫発送センター竣工
1997年
ミネラル製造プラント稼働
総合微量要素肥料「ミネパワー」発売
土壌団粒促進剤「シンボル」発売
2000年
花つき、実つきを良くする葉面散布肥料「ホップアップ」を発売
2001年
新分析センター棟竣工
2005年
お客様相談窓口設置
果実糖度を向上させる葉面散布肥料「ハップル」を発売
2006年
中嶋常允が(社)農林水産技術情報協会理事長賞受賞
熊本事業所がISO14001認証登録
2007年
創業40周年を迎える
2009年
本社を東京より旧熊本事業所(阿蘇郡西原村)に移転
さいたま市浦和区に「関東営業所」を開設
2010年
腐植酸資材「ユーキフルペレット」を発売
2011年
カルシウム葉面散布肥料「カルタス」を発売
2013年
コリン含有葉面散布肥料「根っこりん」を発売
株式会社ローソングループに移行(8月30日より)
2014年
社名を「株式会社 生科研」に変更
土壌団粒促進剤「シンボルエース」「キッポ団粒プラス」を発売
2015年
計量証明事業所として、土壌分析事業を4月から新たにスタート(熊本県知事登録第157号)