株式会社 生科研

美味しい作物づくりの追求。

作物栽培サポート

戻る

イチゴ

育苗(親株床での管理)

目的 商品の使い方(10アールあたりの施用量)
活着促進
アミノキッポ
300倍で灌水施用
ランナー発生促進
アミノキッポ
300倍で灌水施用
メリット青 または アミノメリット青
メリット青は300倍、アミノメリット青は500倍で3~5日おきに葉面散布

育苗(子苗の育苗)

目的 商品の使い方(10アールあたりの施用量)
苗づくり
ポット錠ジャンプ または ポット錠ハードH7
ポット育苗では2錠/鉢使用、小型ポットは1錠/鉢使用
◆ポット苗:アミノキッポ
500~800倍で5~7日おきに灌水施用
◆夜冷苗:メリット青 または アミノメリット青
メリット青は300倍、アミノメリット青は500倍で3~5日おきに葉面散布
花芽分化促進
キッポ赤
300倍で適宜灌水施用
メリット赤
100倍で3~5日おきに葉面散布
健苗育成
カルタス
500倍で単用または葉面散布時に希釈混用、3~5日おきに葉面散布

本圃(土づくり:本圃の準備)

目的 商品の使い方(10アールあたりの施用量)
土づくり
土壌分析
施肥1~2ヶ月前に土壌サンプルを採取し、分析センターへ送付
キッポ団粒プラス または シンボルエース
3~6袋(30~60kg)を元肥時に施用
ミネパワー
土壌分析に基づき施用
粒状ジャンプ
土壌分析に基づき施用
粒状チャンスS
2~4袋(30~60kg)を元肥時に施用
ユーキフルペレット
5~10袋(100~200kg)を元肥時に施用

本圃(定植後)

目的 商品の使い方(10アールあたりの施用量)
活着促進
キッポ赤
定植時300倍で株元に灌水施用
新チャンス液
定植後、400倍で7日おきに2回灌水施用
※定植後10日間の灌水が特に重要
生育促進
メリット青 または アミノメリット青
メリット青は300倍、アミノメリット青は500倍で3~5日おきに葉面散布
花芽の充実
メリット黄 または ホップアップ
300倍で3~5日おきに葉面散布
樹勢強化
液体ジャンプ
500倍で5~7日おきに灌水施用
新チャンス液
200倍で15日おきに灌水施用
徒長防止
メリット赤
100~200倍で3~5日おきに葉面散布

本圃(収穫始め)

目的 商品の使い方(10アールあたりの施用量)
追肥
アミノキッポ新チャンス液
アミノキッポ新チャンス液をそれぞれ300~400倍になるように 混用し、7日おきに灌水施用
※ポイント:3~4果収穫後の樹勢回復、1~2月のなりが止まる時
品質向上
メリット黄
300倍で3~5日おきに葉面散布
軟果防止
トーシンCa2号
300~400倍で10日おきに灌水時に施用
または
カルタス
500倍で3~5日おきにメリット(黄または赤)と希釈混用散布
なり疲れ防止
アミノキッポ液体ジャンプ新チャンス液
アミノキッポ液体ジャンプ新チャンス液をそれぞれ200倍になるように混用し灌水施用
玉肥大促進
キッポ赤 または 新トーシンPK
300~400倍で灌水施用
着色不良の場合
メリットM
500倍で灌水施用
ポイント:タダ水はやらない
  • メリット、アミノメリットの葉面散布にグリーンセーフS(1000倍)を混用するとさらに効果的です。
  • 作業の省力化について
    当社の葉面散布肥料とカルシウム剤「カルタス」は、希釈混用して葉面散布することができます。生育コントロールとカルシウムの補給が同時にできるため作業の省力化を図ることができます。
  • 資材の混用は原液どうしの混用は避け、どちらか一方を薄めた後に行ってください。
  • 奇形対策として、開花前にホップアップ300倍を3~5日おきに、随時葉面散布してください。